通信販売とビジネスモデル

通信販売において、新規顧客の獲得は大きな課題となりますが、それはお金を充分にかけ、多くのメディアに広告を出せば比較的簡単に見てもらうことができるようになります。大切なのは、最初のレスポンスがあってからの対応や、購入後のアフターフォローです。通販における顧客リスト集めはその後どれだけビジネスを続けてゆくことができるかどうかを決める重要な分かれ道になってきます。
まず、先に小売店業務や他の事業展開をしている企業の場合には、既に揃っている顧客リスを利用するのがよい広告方法になります。既にあるリストを使い、その顧客に向けてダイレクトメールやカタログを送っていくのです。顧客リストが集まっていることは多少なりとも自社や自社製品をある程度知ってくれている人なので、訴えかける方法としてはそれほど難しくはありません。
しかし、既存顧客ばかりに頼ったマーケティングをしていては、そのうち先細りをしていってしまうことでしょう。事業の継続のためには、常に新しい顧客を開拓してゆくことが大切になります。
通信販売において、新規顧客獲得に便利なのが「無料サンプル」「試供品」のモニター募集です。通信販売で化粧品販売を行なっている会社などは、この試供品を上手に配布しながらリピーターを獲得してきています。無料サンプルや試供品配布は一見無駄な投資のように思えますが、的確に利用していけばその反応はかなり有力な数字となっていきます。

結婚式や2次会のプチギフトに最適なケーキタオル・ドーナツタオルの激安通販